忍者ブログ

戯言日記

背景のイメージにそぐわない下品な日記になることが予測されましたので思い切ってタイトルから宣言しておくことにしました。時には不快な文章があるかも知れませんが広い心で赦してね(笑)。/≪mixi≫等の要領で気軽にコメント下さいませ。宜しくお願い致します。 /昔の日記にコメントを入れても管理人には通知されるので御安心下さい。/コメントしたい日記のタイトルをクリックするとボックスが現れますので名前・題名・手紙(本文)・合言葉(パスワード)の四項目を埋めて送信ボタンを押して下さいね(パスワードは英数で。再編集時に必要になります)。 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2006年06月25日に回答した、駿河翔流様よりのバトン。
『御手洗×石岡』じゃなくて『御手洗と石岡』なのは私の暴走を抑える為だったんでしょうね。流石だ(笑)。

***********************************************************************************************

◆◇指定型★バトンのルール
・廻してくれた人から貰った『指定』を『』に入れて答える事。
・また、廻す時、その人に指定する事。

***********************************************************************************************

◆最近思う『御手洗と石岡』

いや、最近って言うか、以前から思っていたことなんですが。
このお二人の関係っていうのは、本当に不思議ですよね。
読めば読む程に真実が分からなくなっていくと言うか……こんなに何十年とかかっても(誰にも)読み解けない方達というのは、ちょっと珍しいんじゃないでしょうか?

家族なのかな、親友なのかな、同志なのかな、それとも……ただの知人、いや、通り縋りの事件関係者なのかな。腐れ縁なのかな?
謎は深まるばかりです。
今判然としているのは“石岡君から見た御手洗の風貌はあまり好みではないらしい”のに“御手洗は密かに石岡君を好みのタイプだと思っていることを筆者にバラされた”という、不幸な事実だけ。←着眼点そこかよ(笑)。

---------------------------------------------------------------------------------

◆この『御手洗と石岡』には感動!!!!

・石岡
「君なんかドライアイスだ! 女とみれば馬鹿にして、からかうことしか考えない。徹底して冷たいんだ。だから君には、人の心とか愛情なんて、永久に解りはしない!」

冗談でも何でもない、思い切りシリアスなシーンでこの科白。
石岡君…………貴方が御手洗にそれを言っちゃ駄目よ(涙)。
でも冷静に対処した御手洗は偉いね。忘れられない名場面。

・ハインリッヒ
「キヨシははっきり言った。青年はとても清潔な顔をしていたと。たいてい白いワイシャツを着て、薄い胸が頼りなさそうに目の前で動いた。そして何かをするたびに哀願するような目が自分を見、そのたびにたまらない気分になった。その気分は穏やかなものなどでは到底なくて、ほとんどノックアウトを食らい続けるような痛みだった。あんなひどい気分は生まれてはじめてだった。(中略)ハインリッヒ、これが君の言う例にあたるんだろうか、とキヨシは私に言った」

“他人の痛みを自分の痛みに感じて、呼吸さえ苦しくなり、その悲しみと苦痛とで相手と自分との位置を確認し合うような、そういう種類の出来事”を経験したことがあるかとハインリッヒに問われて“一度だけある”と上記の告白をした御手洗。コピーして壁に貼ってた愛好家がいるとかいないとか(苦笑)。
“真の愛情とは哀しみから生まれる”というのは、島田先生の作品のメインテーマですものね(言い替えると御手洗は“哀しみと苦痛”を共有した彼に“真の愛情”を抱いているということになりますが、まぁ深くは突っ込まないでおいてやって下さい。←突っ込みたいところなんですが……)。

・レオナ
「いいのよ、気にしないで、こんなことはしょっちゅう。何か楽しいことを話しましょう。ああそう、キヨシはそんなことを言ったのね。ははは、あの人らしいわね、変な人。いえ、あの人らしくないわ! 何よっ!」
「ハインリッヒ、女に嫉妬したことある?」
「女に女を盗られたこと、ある?」

上記ハインリッヒの科白を受けて、御手洗を愛しているレオナが号泣と共に返した反応がこれ。
“女に女を盗られたことある?”って……分かりにくいんだか分かり易いんだか(苦笑)。
これは“男に男を盗られたから私は今泣いているのよ”という意味に捉えて宜しいんでしょうか? レオナさん。……御愁傷様。

……いや、お題が『御手洗×石岡』じゃないのは分かってるんですけど。苦情は原作の方に言って下さい(笑)。

---------------------------------------------------------------------------------

◆直感的『御手洗と石岡』

昔はただただ純粋にミステリーとして作品を楽しみ、ちょっとおかしな探偵と探偵助手として彼等を愛し――そう、例えるならば≪今日から俺は!!≫の三橋と伊藤のように。そんな唯一無二の友人関係なのかな、そういうのって恰好いいよなと結構憧れたりもしていたんですよ、本当は(実は下心なしの男同士の友情もかなり本気で好き)。
なのに……

よくよく考えたらこの二人、信頼関係もなければ性格も気も合わない。棲む世界も考え方もまるで違う。じゃあ……

じゃあ貴方達は、一体“何の絆”で繋がってるの……?

どうやら深い友情の為せる業ではなさそうな御様子。
“私の第一印象って間違っていたんだなぁ”と反省する今日この頃(結構仲良くない気がしてきました……:泣)。

---------------------------------------------------------------------------------

◆こんな『御手洗と石岡』は嫌だ!

・御手洗
「ああ、石岡君? 久し振りだね、元気かい? ――…え? ああ、うん、……住所? あぁ、そういえば変わったよ。研究所の近くにね、とても素晴らしい湖があるんだ。だから最近その辺りに引っ越したんだよ、ハインリッヒと一緒に。
はは、彼はなかなか面白い男でね、多少間の抜けたところもあるがまぁ気も合う方だし、……うん、巧くやってるよ。
――…ああそうだ、馬車道のマンションだけどね、そこはもう更新しなくていいよ。って言うか石岡君――まだ日本で本出してるの? 暇なんだねぇ君も」

・石岡
「君に言うと反対されるかと思ったしさー、まぁこんな歳になって今更、っていうのもあったし……なかなか言い出せなかったんだけど。
…え? うん、そうだね、確かに歳は離れてるね。うん、二十七歳差。でもね……僕も彼女もいい加減な気持ちじゃないし、何よりも彼女となら――乗り越えられる気がするんだよ。あの頃のこともさ。だから、そういう流れになったらね。考えてみてもいいかと思うんだ。
多分……僕は里美ちゃんと、一緒になるよ。祝福してくれるかい?」



――――――――――――燃やしていいですかー……?

---------------------------------------------------------------------------------

◆この世に『御手洗と石岡』がなかったら…

男性と男性の親密な関係は“ホモか”“ホモじゃないか”の二種類に綺麗に分けられるのだと信じていたかも知れません(笑)。

このお二人を知ったことで言葉で簡単に言い表すことの出来ない感情や関係があることを実感しました。
あと人間は自分の望み通りに生きられないこともあるのだと。
……色々、考えさせられます。

(でも案外単なるホモだったりしてネ☆←暴言)

---------------------------------------------------------------------------------

◆次に回す5人(『指定』付きで)

今回は以下の方達にお渡しします
・チョビ様:『ギイ×タクミ』…さぁ、思う存分語ってくれ!
・真羽様:『御手洗と石岡』…日記のネタにどうぞ。…え? いらない?(笑)



……とまぁ、(最後の項目以外)当時はこのように答えていたんですが。御手洗が石岡君を愛しているっぽい方向に(原作が)向かい始めたので今更な回答もちらほら。
……まぁいいや。ふふん。

拍手[0回]

PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 

▼ も~、また難題じゃないですかぁ~

悩んじゃいましたよ~(笑)。
その割に浅い答えで申し訳ないですが(笑)。
「こんな御石は嫌だ」を考えながら、嫌すぎてチューハイ一本空きましたですよ。
私どんなに御石好きなんだか。
つか、回答がストーカーのように早いですね、私。嫌だなあ、こんな30女(笑)。

28a563f55c 真羽 || URL || 2007年 02月 28日 水曜日 || 編集
▽ びっくりしましたよ~
あまりに回答が早かったので(笑)。お忙しいのにいつもありがとうございます。
私の書いた≪こんな『御手洗と石岡』は嫌だ!≫は当時本当に不評で、ある方などは原作抜粋文なのだと勘違いし本格的に気分を悪くしてしまったそうです(科白にリアリティがあったらしい:苦笑)。
やっぱり“石岡×里美”はいけませんね。“御手洗×石岡”でなくてはね、ええ(笑)。
当サイトで何かをUPする度に迅速に書き込みをして下さって本当に感謝しています。明日ちょっぴりイタイ裏小説をUPしますのでまた覗きに来てやって下さいね
藤宮美桜 || 2007年 02月 28日 水曜日
TBURL
記事URL

本日のセルフィ

時々お着替えさせてみますね☆

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

レスが付くとタイトルの右に蝶&メモのプチアイコンが表示されます
[04/28 チョビ]
[03/02 桃兎]
[02/26 チョビ]
[01/03 するが]
[01/01 usako usako]
[01/01 桃兎]
[12/28 usako usako]
[12/28 ののお]
[12/12 紫 菫]
[12/08 桃兎]

RSS

RSS0.91
RSS1.0
RSS2.0
Atom0.3
OPML1.0

プロフィール

HN:
藤宮美桜
HP:
性別:
女性
趣味:
創作
自己紹介:
もっと動きのあるアイコンを御覧になりたい方はプラグイン(この画面)上部にあるカテゴリー“※藤宮美桜に似ている著名人”をクリックしてね

エンターティメント

≪月と星と妖精ダスト≫…現実世界とは異なりますが月の形が月齢により変化します。画面下部では夜の街並と煌めく妖精ダストも楽しめますよ/≪みんなで増やす花の絵風≫…電脳世界に咲く芸術的な花々にも癒されてみませんか?/≪四季の風景≫…色と組み合わせの異なる花を必ず最初に表示、その後少しずつ四季の風景へと変化していきます。ひらひら舞う蝶、トコトコ歩く天道虫、はらはら散る紅葉、キラキラ光る淡雪を御鑑賞下さい。カーソルを近付けると蝶や天道虫は逃げ、花は降ってくる仕掛けだそうです

ブログ内検索

カウンター

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) 藤宮美桜. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim